POP画像01

実施報告

実施報告
当日は多くの方にご来場頂き、講演会・認知症ミニ講演会・パネル展示・認知症サポートキャラバン紹介・セラピューティック・ケア実演ともに盛況のうちに終了いたしました。
会場までお運び頂きましたすべての方に厚く御礼申し上げます。

講師紹介

北澤彰浩先生

北澤彰浩(きたざわあきひろ)先生

長野県厚生農業協同組合連合会 佐久総合病院診療部長
小海診療所医師・地域ケア科医長
日本在宅医学会認定専門医 日本在宅医学会 日本臨床倫理学会(評議員)
地域医療研究会(世話人・事務局長)
がん哲学外来市民学会(副代表) 日本ノーリフト協会(理事)

  • 訪問写真01
  • 訪問写真02
  • 訪問ポスター
  • 先生写真02
森あかね

鳥居香織(とりいかおる)

さくら訪問看護ステーション 師長

What's New

2018.4.3
『広報おおたわら』(平成30年4月号)に掲載頂きました。
2018.4.1
『広報やいた』 2018年4月1日号(NO.1096)に掲載頂きました。
2018.3.12
『広報おおたわら』4月号にて掲載予定。
2018.3.12
『広報やいた』4月号にて掲載予定。

実施予定

認知症講演会

在宅医療講演会

講師:長野県厚生農業協同組合連合会 佐久総合病院
北澤彰浩先生

講題:最期まで生きるを支える在宅医療  〜佐久総合病院における地域ケア活動を通して〜

時間:17:00〜18:30

認知症講演会

パネル展示

医療・介護に関わる様々な題材のパネル展示を予定しております。






認知症ミニ講演会

ミニ講演会

講師:さくら訪問看護ステーション
師長 鳥居香織


講題:住み慣れた家で最期を迎えるということ
〜さくら訪問看護ステーションの実践報告〜
時間:16:30〜17:00

福祉読本

地域医療・福祉読本配布

地域医療・福祉読本の配布を致します。
第4回まで毎回非常に大きな反響を頂いております『地域医療・福祉読本』を内容を一新して無料配布いたします。



認知症SupportCaravan

認知症サポートキャラバン紹介

このキャンペーンは、認知症を理解し認知症の人や家族を温かく見守り支援する「認知症サポーター」を一人でも増やし、認知症になっても安心して暮らせる町づくりを市民の手で展開していくものです。
全国キャラバン・メイト連絡協議会では、都道府県、市区町村など自治体規模の企業・団体等と協催で認知症サポーター養成講座の講師役(キャラバン・メイト)を要請しています。養成されたキャラバン・メイトは自治体事務局等と協働して「認知症サポーター養成講座」を開催します。
認知症サポーターとは、「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」です。
このキャンペーンについて紹介いたします。

日本セラピューティック・ケア協会

セラピューティック・ケアの紹介

 セラピューティック・ケアは、英国赤十字社が確立した、オイルなどの薬剤や道具を使用せず、着衣の上から両手のぬくもりだけで行えるシンプル且つパワフルなケア法です。「オキシトニン」の分泌を促すことにより、施術をされる人のみならず、する人にも安らぎをもたらし、両者の間に強い信頼感を生じさせます。
 このケア法をご紹介し、協会の認定施設セラピストが実際に施術いたしますので、是非体験してみて下さい。

 

 

 

 

 

後援団体

以下の団体の方々に後援頂いております(敬称略・順不同)

大田原市
那須塩原市
矢板市
一般社団法人 那須郡医師会
一般社団法人 栃木県私的病院協会
公益社団法人 栃木県看護協会
一般社団法人 栃木県訪問看護ステーション協議会
栃木県医療社会事業協会
栃木県・大田原市ケアマネジャー協議会

各種紹介

開催日まで

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
             

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31