栄養科

栄養科のご紹介


栄養科では、患者様の症状や栄養状態に合わせた安全で美味しい食事の提供を心掛けております。診療部門の一つとして積極的に栄養面からサポートを行い、チーム医療の一員として他職種と連携し、早期回復・早期退院へと繋げることを目指しています。
また、入院・外来・在宅の患者様を対象として、ライフスタイルに合わせた個別栄養指導も行っております。
 

給食管理


当院の栄養科は、管理栄養士3名、調理師13名で構成され給食業務も直営で行っています。献立作成や調理作業工程などは、スタッフからの意見やアイディアも取り入れ一丸となって、安全で美味しい食事提供のために日々研鑽しております。治療に応じた食事(エネルギー制限や塩分制限など)の他にも、飲み込みの機能に応じた食形態の調整(ソフト食)も行っています。食品の嗜好やアレルギーにも出来るだけ対応して、入院生活の中での楽しみとなるような食事作りを目指しています。

 

栄養管理


管理栄養士が医師・看護師などの他職種と連携して、患者様一人一人に対して栄養評価を行い、オーダーメイドの栄養管理を行います。摂食嚥下機能・食事の嗜好や希望、摂食状況などの情報収集を行い、食事内容や分量を決めて栄養管理計画書を作成しています。計画書は栄養状態に応じて定期的に見直しを行い、早期回復に繋げられる提案をしています。患者様とのコミュニケーションを大切にし、質の高い栄養・食事支援が出来るよう努めております。
 

1 栄養指導(入院・外来)


糖尿病、脂質異常症、心臓病などの食事療法が必要な患者様・ご家族の皆様を対象に、医師の指示に基づき、指導を行っております。資料やフードモデルを使用して、具体的に実践できる食事改善の提案を心掛けています。食事について不安や疑問がありましたらお気軽に主治医・看護師にご相談下さい。急を要する場合は、予約なしでも可能な限り相談に応じています。
 

2 チーム医療活動


*NST(栄養サポートチーム)
当院では患者様の治療効果を高めるために医師・歯科医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・作業療法士などがチームとなり、それぞれの専門性を活かした栄養サポートを行っています。食欲不振や摂食嚥下障害、褥瘡など、栄養上の問題点を改善するために週1回の回診・カンファレンスを実施して、迅速な対応を心掛けております。

ページの先頭へ